REALTEK

リアルテックの8Kビデオデコーダ処理IC(RTD2893)が COMPUTEX TAIPEI 2019でBest Choice of the Yearを受賞

2019/05/28

台湾・新竹-2019/5/28- ネットワークとマルチメディア用ICで世界をリードするICプロバイダーのリアルテック・セミコンダクター社 (Taiwan Stock Exchange: 2379.TW) は、リアルテックのRTD2893がCOMPUTEX TAIPEI 2019において、Best Choice of the Yearを受賞したことを本日発表しました。

リアルテックのRTD2893は、4K TVプラットフォームをフル機能8K TVにアップグレードすることができます。 8K AV1 / HEVC / VP9ビデオデコーディング、HDMI 2.1 8K入出力、USB / PCIeを介した安全なビデオビットストリーム伝送、およびすべてのHDRフォーマットを含む8Kビデオ処理をサポートすることにより、RTD2893はすべてのTVブランドの8K TV開発時間を劇的に短縮することが出来ます。 RTD2893は、DDRメモリを内蔵した非常にコスト競争力のある8K TVソリューションです。

8K TV、セットトップボックスの普及率は、8Kソリューションの成熟度に依存します。 RTD2893 ICを使用するだけで、既存の4K TV、セットトップボックスプラットフォームを安定した高性能8Kプラットフォームに簡単にアップグレードが可能となります。 この簡単なアップグレードは、お客様の開発リソースコストを削減し、製品化までの時間を大幅に短縮します。
Realtekの副社長兼スポークスマン、Yee-Wei Huangは、「私たちは、COMPUTEX TAIPEI 2019でBest Choice of the Yearを受賞できたこと、光栄に思います。弊社のRTD2893は、4K TVやSTBをフル機能の8Kデバイスに簡単にアップグレードすることができます。 この進歩的なソリューションが8K市場の急速な拡大をもたらし、視聴者がより安価なハードウェアコストで8Kコンテンツの豊かさを享受できるようになることを期待しています。」と述べています。

COMPUTEX 2019におけるリアルテック製品のデモを見るには、TICCビル(ブースNo T101A)を5/28~5/31, 9:30am~6:00pmにご訪問下さい。

リアルテックについて
 リアルテック・セミコンダクター社は、世界をリードする半導体プロバイダーで、通信ネットワーク、コンピュータ周辺及びマルチメディアに関する幅広い用途の半導体の設計開発を行っております。具体的には、10/100/1000/2500M イーサネットコントローラーとPHY、10/100/1000M イーサネットスイッチ用コントローラー、メディアコンバーター用コントローラー、ゲートウェイ用コントローラー、ワイヤレスLAN用コントローラー、APルーター用SoC、xDSL, VoIPソリューション、Bluetooth、xPON、IoTソリューション、車載用イーサネットソリューション、携帯電話やPC向けの高品質オーディオソリューション、カードリーダーコントローラー、ウェブカメラ用コントローラー、LCDモニター/アナログTV/デジタルTV用コントローラー、デジタルホームセンター用コントローラーを提供しています。リアルテックは、RF、アナログ及びミクスドシグナル回路関する高度な設計の専門知識と強力な製造とシステムの知識を持ち、高機能、高性能な競争力のあるトータルソリューションを提供しています。詳細は弊社ウエブサイト www.realtek.comをご参照下さい。

# # #
ReatekはRealtek Semiconductor Corp.の商標です。その他の商標や登録商標はそれぞれの所有者の知的財産です。