REALTEK

リアルテックの4K STB SoC RTD1319 / RTD1311が Android TV上のAndroid 10をサポート

2020/02/18

台湾・新竹-2020/2/18 -世界をリードするネットワーク及びマルチメディア関連のICプロバイダーのリアルテック・セミコンダクター社 (Taiwan Stock Exchange: 2379.TW) は、本日Android TVでAndroid 10をサポートし、Googleの最新のAndroid TV要件に完全に準拠する4K UHDセットトップボックス(STB)向けの最新のシステムオンチップ(SoC)であるRTD1319 / RTD1311を発表しました。

これにより、リアルテックはAndroid TVに完全に準拠したSoCプラットフォームの提供が可能となり、OEMおよびODMのお客様の開発期間は短縮され、早期な新製品の市場への投入が可能となります。 互換性が保証されることにより、お客様は非常に効果的かつ効率的な方法でAndroid TVエコシステムの設計が可能となります。

リアルテックのRTD1319 / RTD1311シリーズは、AV1ビデオデコードと複数のConditional Access System(CAS)機能をサポートする世界初の4K UHD STB SoCです。 また、このチップは、HEVC 1080Pエンコーダー、すべてのHDR規格、HDMI 2.1、USB3.0、PCI-eなどの多様な出力インターフェイス、および遠距離音声認識にも対応しております。 RTD1319 / RTD1311は、ケーブル入力に対応したビルトインDVB-Cデモジュレータに加えて、外部のデモジュレータを介して入力される地上波信号、ケーブル信号、または衛星信号を受け入れるのに適した複数のTSインターフェイスを備えており、ハイブリッドのSTBソリューションを提供します。

リアルテックは、BluetoothリモートコントロールユニットおよびWi-Fi + Bluetoothコンボソリューションを含む完全なポートフォリオを有する数少ないICベンダーの1つであり、ODMシステム統合プロセスの究極的な簡素化を実現します。

リアルテックの副社長兼スポークスマンであるYee-Wei Huangは、「リアルテックが、Android TVでAndroid 10向けに完全に準拠したソリューションを提供する最初のSoCプロバイダーの一社になれたことは光栄です。リアルテックはAV1とマルチCASをサポートする世界初の4K STB SoCを提供することが出来ました。 リアルテックは、さらにAndroid TVにフル準拠したソリューションを提供し、お客様の市場投入までの開発期間を短縮して、次世代のフル機能のSTB製品群を構築することを当社のコミットメントとして進めてまいります。」と述べています。

リアルテックについて
 リアルテック・セミコンダクター社は、世界をリードする半導体プロバイダーで、通信ネットワーク、コンピュータ周辺及びマルチメディアに関する幅広い用途の半導体の設計開発を行っております。具体的には、10/100/1000/2500M イーサネットコントローラーとPHY、10/100/1000M イーサネットスイッチ用コントローラー、メディアコンバーター用コントローラー、ゲートウェイ用コントローラー、ワイヤレスLAN用コントローラー、APルーター用SoC、xDSL, VoIPソリューション、Bluetooth、xPON、IoTソリューション、車載用イーサネットソリューション、コンシューマーやPC向けの高品質オーディオソリューション、カードリーダーコントローラー、ウェブ/IPカメラ用コントローラー、LCDモニター/アナログTV/デジタルTV用コントローラー、デジタルホームセンター用コントローラーを提供しています。リアルテックは、RF、アナログ及びミクスドシグナル回路関する高度な設計の専門知識と強力な製造とシステムの知識を持ち、高機能、高性能な競争力のあるトータルソリューションを提供しています。詳細は弊社ウエブサイト www.realtek.comをご参照下さい。

Realtek Semiconductor Corporation
連絡先:
Tracy Ho
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

# # #
RealtekはRealtek Semiconductor Corporationの商標です。その他の商標や登録商標はそれぞれの所有者の知的財産です。