REALTEK

リアルテックが、2021 Asia Responsible Enterprise Awardを受賞

2021/09/02

台湾、新竹– 2021年9月2日–世界をリードするネットワーク及びマルチメディアICプロバイダーであるリアルテック・セミコンダクター(台湾証券取引所:2379.TW)は本日、台北龍山寺、財団法人肝臓病予防学術基金会、およびYuanハイテックと共に健康増進のためのAsia Responsible Enterprise Award (AREA)を受賞したことを発表しました。

台湾の厚生省の統計によると、台湾では毎年10,000人以上が肝臓病で亡くなっています。これを減らすために、リアルテック・セミコンダクター、台北龍山寺、財団法人肝臓病予防学術基金会、およびYuanハイテックが協力して、2020年10月31日に「無料の肝炎および肝がんのスクリーニング」と「肝健康意識に関するアンケート調査」を実施しました。 目的は、台湾の人々の肝疾患の認識、予防、およびスクリーニングを促進することで、「2025年までに台湾のC型肝炎を根絶する」という目標の達成に努めています。このイベントでは、8,032人が肝健康意識に関するアンケートに回答し、参加者数の最も多い健康啓発活動の新しいギネス世界記録を樹立し、台湾における肝疾患予防の新たなマイルストーンをマークしました。

このプロジェクトでは、リアルテック・セミコンダクター、台北龍山寺、財団法人肝臓病予防学術基金会、およびYuanハイテックが、ヘルスケア、宗教的信仰、デジタルテクノロジーの力を統合し、分野を超えた協力を通じて多様なパートナーシップを確立しました。地元の宗教信仰センターが主催する当イベントには、肝臓病の予防と治療の概念、および肝炎の健康管理の意識を理解しようと地元の人々の熱心な参加を集めました。また、テクノロジーの力を通じて、医療、非営利組織、宗教的信仰センターのデジタル変革を促進しました。当イベントでは、特に2つの持続可能な開発目標(SDGs)が取り上げられました;慈善活動のまったく新しいモデルを確立するための「Good Health and Wellbeing」と「Diverse Partnership」です。

「無料の肝炎および肝がんのスクリーニング」プロジェクトは、4団体の協力プロジェクトで、アジア地域においてソーシャル・インディケーターとしてリーディング企業であるEnterprise Asiaが、書類審査、ブリーフィング、最終選考を実施し、AREAヘルスプロモーション賞を決定しました。 AREAの毎年恒例の授賞式は、オンライン会議を通じて2021年9月2日に開催されました。参加企業の代表者はアジア各国から集まり、大会に参加し、企業の社会的責任を発展させるためのアイデアや成果を共有しました。

リアルテックについて
リアルテック・セミコンダクターは、通信ネットワーク、コンピューター周辺機器、およびマルチメディアアプリケーション向けの幅広いIC製品を設計および開発する、世界をリードするICプロバイダーです。製品には、10/100/1000/ 2500Mイーサネットコントローラー/ PHY、10/100/1000/2500Mイーサネットスイッチコントローラー/メディアコンバーターコントローラー/ゲートウェイコントローラー、ワイヤレスLANコントローラーおよびAP /ルーターSoC、xDSL、VoIPソリューション、Bluetooth、xPON、IoTソリューションが含まれます。 オートモーティブイーサネットソリューション、コンシューマーおよびPCアプリケーション向けのハイファイオーディオソリューション、カードリーダーコントローラー、Web / IPカメラコントローラー、LCDモニター/ ATV / DTVコントローラー、およびデジタルホームセンターコントローラー。 Realtekは、RF、アナログ、およびミックスドシグナル回路の高度な設計専門知識と、製造およびシステムに関する強力な知識を備えており、フル機能、高性能、および競争力のあるトータルソリューションを提供します。 詳細については、www.realtek.comをご覧ください。

編集者の連絡先
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
# # #
Realtekは、Realtek Semiconductor Corpの商標です。このリリースに記載されているその他の商標または登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。